町長コラム 第98号

交通事故防止③ 事故の状況

 美里町の過去3年間の人身事故は211件、時間帯別では午前中が49%、午後は36%です。ほとんどの人身事故は、午前6時から午後6時までの間に発生しています。
 年齢別では高齢者の関係した割合が32%で、年々増加しています。
 発生場所は、幹線道路の交差点に集中しています。追突や出合い頭の事故が多いようです。また、事故当事者の半数は町外の方と聞いています。
 不注意や間違いは誰でもあることです。しかし、車は走る凶器であり一瞬でも油断すれば命の危険を伴います。
 昨年1年間の人口千人当たりの人身事故率は、ワースト1位が本庄市、2位は上里町、3位は美里町でした。県北は鉄道などの公共交通よりもマイカー利用が多く、朝夕は大移動しています。また、朝は先を急ぐ車が多く、抜け道や脇道を猛スピードで走り抜け、一時停止を怠る車をたびたび見かけます。これでは、例え自分が優先道路や青信号でも、無視されることを想定した心構えをするしかありません。
 事故を起こしたり遭わないために、「一時停止はしっかり止まり、左右確認を怠らない」ですね。
 心理学では、前の車のスピードが遅くてイライラしたり、急な割り込みをされて「ムッ」とし、イライラや怒りの感情が抑えきれない人ほど事故を起こしやすいと言われています。「まぁいいか!」と気持ちをすぐに切り替えられる性格のほうが良いようです。
 あなたはどちらですか?