トップページ生活情報防災・防犯災害時要援護者支援制度

災害時要援護者支援制度

一人暮らしの高齢者、障害者等が、地震や台風など大規模な災害が発生したとき、地域での支援を受けられる制度が発足しました。

この制度に名簿登録していただくことにより、災害発生直後の災害時要援護者の避難誘導・安否確認・救助等をいち早く行うことができます。

4つのポイント
  • 登録するかたは町に申請をします。
  • 近所のかたなどで支援してくれる人(避難援助者※)を決めて、登録台帳に載せることの了解を得てください。
  • 登録する際に支援のために必要な個人情報を地域支援者(民生委員、自主防災組織、行政区、消防団)に提供することに同意していただきます。。
  • 避難援助者には、要援護者(登録申請者)への日ごろの声かけや、いざというときの安否確認や避難支援をお願いします。ただしできる範囲内での支援であり、責任を伴うものではありません。

※避難援護者に望ましいかたは、あなたの近所の人です。

行政区、自主防災組織、民生委員は、いざ災害が起きたときは被災者の救助や避難誘導が優先され、一人ひとりを支援することは難しくなります。

そこでいざというときに便りになり、助け合っていくことができるのは近所の人です。

お問い合わせ先

総務税務課 総務係

TEL.0495-76-1115