トップページ生活情報男女共同参画児童虐待

「児童虐待」について考える

大人にとっては、しつけのつもりでも、子どもにとって有害なら、それは虐待です。虐待は、子どもの心身を傷つけ、健やかな成長・発達をそこなう行為です。

親が子どもを虐待する背景には、子育ての孤立化や家庭内のストレス、DVなど複雑なものが重なり合っています。特にDVは被害にあった者だけでなく、暴力を目撃した子どもの心身の成長にも悪影響を及ぼします。

早めに相談することが、子どもだけでなく親を救うことにもつながります。

身体的虐待 殴る、蹴る、熱湯をかける、タバコの火を押し付けるなど
心理的虐待 「お前なんか生むんじゃなかった」などと言う、 わざと無視するなど
性的虐待 性交や性行為を強要する、ポルノの被写体にするなど
養育の拒否・怠慢(ネグレクト) 食事を与えない、病気になっても病院へ連れて行かないなど
児童虐待に関する相談窓口
熊谷児童相談所 048-523-0967
児玉福祉保健総合センター 0495-22-0101

お問い合わせ先

総務税務課 総務係

TEL.0495-76-1115