年金給付の種類

老齢基礎年金

国民年金保険料を納めた期間(免除期間を含む)と厚生年金や共済年金などに加入した期間の合計が25年以上の人を対象に、一生涯支給されます。≪終身保障≫

20歳から60歳になるまでの40年間(480月)の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。

会社員や公務員(厚生年金や共済年金に加入)だった方には老齢厚生年金や退職共済年金が支給されます。


平成28年度老齢基礎年金額 780,100円(満額)


支給の繰上げ、繰下げ

老齢基礎年金は65歳からの支給が基本ですが、申請をすれば60歳から64歳の間に繰上げて年金を受けることができます。ただし、支給開始年齢に応じて減額されます。

また、66歳から70歳の間に支給開始年齢を繰下げて、増額された年金を受けることもできます。

障害基礎年金

国民年金加入中の病気や怪我で障害等級表(1級・2級)による障害の状態にある間は支給されます。


平成28年度障害基礎年金額(定額) 780,100円×1.25(1級)
780,100円(2級)
※子の人数によって加算 1人につき 224,500円
3人目以降  74,800円

(注)子とは・・・
18歳に到達する年度の末日までの間にいる子、または20歳未満で1級または2級の障害状態にいる子。

遺族基礎年金

国民年金の加入者が亡くなったとき、その方によって生計を維持されていた「子ある妻」または「子」に支給されます。


平成28年度遺族基礎年金額 1,004,600円(子ある妻)
(=基本額780,100円+子ひとりの加算額224,500円:第3子以降 各74,800円)

(注)子とは・・・
18歳に到達する年度の末日までの間にいる子、または20歳未満で1級または2級の障害状態にいる子。