本人確認について

平成20年5月1日、戸籍法および住民基本台帳法の一部が改正され、戸籍・住民票等の請求および届出の際の「本人確認」が法律上のルールとなり、義務付けられました。

そのため、住民福祉健康課 住民福祉係で発行する各種証明書の交付申請(戸籍全部(個人)事項証明書、住民票の写しなど)、住民異動届出、戸籍届出(婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁、認知)などには、本人確認書類の提示が必要です。

みなさまのご理解とご協力をお願いします。

(1) 1枚確認の場合
(2) 2枚確認の場合

(イ)に掲げる書類1枚と(ロ)に掲げる書類1枚、または(イ)に掲げる書類2枚


(イ)


(ロ)