トップページ生活情報公共交通公共交通(タクシー)利用料金補助事業

公共交通(タクシー)利用料金補助事業

町では、運転免許証の交付を受けていない方等が日常生活を営むうえで、通院や買物など利用目的を限定したなかでの移動手段を確保する事業として、平成26年度からタクシーを利用した助成制度を行っています。

利用券の額等
  • 利用券(1枚当たり) 500円
  • 年間交付限度枚数 72枚(36,000円分)

※年度途中での申請は、月割りになります。

※利用券は、毎年交付になりますが、その都度申請していただくことになります。

利用の使用限度
  • 1回の乗車での利用は3枚まで(1,500円分)

※1回の乗車とは、タクシーを降車し、利用料を精算したことで1回になります。
 往復で利用した場合は、2回の乗車として3,000円分の利用券を使うことができます。

※利用券の使用限度を超えた料金は自己負担になります。

※自己負担分を支払う際、商工会発行の美里町元気チケットを使用することもできます。

対象者
  • 自動車免許証の交付を受けていない方(40歳以上)
  • 自動車を所有していない方(40歳以上)

※所有とは、名義上の自動車所有でなく、家族等の自動車を運転でき日常生活の交通手段に支障をきたさ
 ない場合は対象外となります。

  • 身体障害者福祉法等の規定による手帳の交付を受け、自動車を運転することができない方(18歳以上)

※対象者になるのか詳しくはお問い合わせください。

利用券の交付申請

利用券と利用者証を発行しますので、役場 総合政策課へ必要な書類等を持ってお越しください。

①美里町公共交通(タクシー)利用券交付申請書

②宣誓書

様式ダウンロード①②(pdf:127KB)

③認印

④上半身の写真(横2cm×縦3cm内に顔が入りきっている写真)

※対象者本人が申請に訪れた場合は、職員が写真を撮影します。代理の方が申請する場合は、写真を
 ご持参ください。

※写真は、電子データでも対応いたします。

利用方法
  • 町内での利用または、乗降場所のどちらかが美里町内である場合の利用
  • 利用できる目的は、通院、通所、買物、公共施設、金融機関、駅への移動

※町外でタクシーの乗り降りが完結する場合はご利用になりません。

※遊興目的での利用はできません。

タクシー依頼方法

タクシーを依頼するときは利用者ご自身が、次の表のタクシー会社へ直接、電話をお願いします。

※依頼するときは、①利用券を使うこと、②迎えに来てもらう住所(自宅またはのりば)、③お名前、④目的地、
 ⑤迎えに来てもらう時間を話してください。

所在地 タクシー利用券が使える会社名 電話番号
本庄市
(4社)
㈲明日香交通 0495(22)2600
上信ハイヤー㈱ 0495(21)0551
㈲本庄合同タクシー 0495(21)2007
本庄タクシー㈱ 0495(21)5111
寄居町
(2社)
大信観光花園㈱ 0120(97)1127
㈱桜交通 048(584)0779
タクシーのりば

町内には、タクシー事業者がいないことからタクシーを呼んで利用した場合、多くの迎車料金がかかってしまいます。このことから「タクシーのりば」を設定しました。

病院などへ行くときにご自宅へタクシーを呼んだ場合、一番近くの「タクシーのりば」から計算しますので、通常の迎車料金よりお安くなります。

《タクシーのりば一覧表》

①美里町役場 ⑦小茂田児童センター ⑬甘粕公会堂
②中央公民館(コミセン) ⑧中山集会所 ⑭小栗児童センター
③東児玉公民館 ⑨第2分団車庫 ⑮猪俣中央会館
④大沢公民館 ⑩沼上集会所 ⑯大仏農村婦人児童センター
⑤倉林集会所 ⑪廣木会館 ⑰白石公民館
⑥南阿那志集会所 ⑫駒衣第三集会所 ⑱円良田農民センター

その他

タクシー利用券を利用する方へ(PDF410KB)

Q&A集(PDF438KB)

お問い合わせ先

総合政策課 企画情報担当

TEL.0495-76-1114