トップページ生活情報健康・福祉 ≫ 交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用について

交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用について

介護保険サービスの利用は、原則、1割又は2割分を利用者が負担し、残りを介護保険の保険給付で負担しています。ただし、交通事故等の第三者行為が原因で、要介護状態になった場合や要介護度が重度化して介護保険サービスを利用した場合は、その費用を加害者である第三者が負担する必要があります。

平成28年4月1日より、第三者行為の届出が義務化になりました

第三者行為に関して、第1号被保険者は町への届出が義務化されました。それに伴い事故が発生したことによる介護保険の認定申請(区分変更等を含む)を行う場合は、その旨を申告する必要があります。

交通事故に関する第三者行為求償の手続き

・交通事故等により要介護状態になった場合や、状態が悪化した場合は町へ下記の書類の提出をお願いいたします。
書類が提出されたのち、町による第三者行為求償の要件等の確認後、第三者側(加害者・損害保険会社等)と町から委託された埼玉県国民健康保険団体連合会が損害賠償の交渉を行います。なお、事故と介護給付との因果関係等が確認できない場合、求償できない場合があります。

役場への提出書類

個人情報取り扱いに関する同意書
(Word:32KB)
第三者行為損害賠償求償事務における個人情報の利用についての同意の書類です。
誓約書 (Word:34KB) 相手方が、町に対して被保険者の介護に係る費用について、自己の責任において支払うことを約束する文書です。
念書 (Word:28KB) 被保険者が相手方(加害者)に対して有する損害賠償請求権のうち、介護保険が負担した保険給付費については町が権利を取得するということを、被保険者が約束する書類です。
第三者行為による被害届
(Word:47KB)
第三者行為による介護サービスを利用する際に必要な書類です。
交通事故証明書 交通事故の事実を証明する書類で、自動車安全運転センターが発行します。
駐在所、交番、警察署にある請求書で請求を行い、後日郵送することもできます。
事故発生状況報告書
(Word:35KB)
事故の発生場所や発生したときの状況などを記載する書類です。医療保険等で既に作成しているものがある場合は写しでも可です。

お問い合わせ先

住民福祉健康課 保険年金係

TEL.0495-76-1366